>  > たまにはデートっぽいこともしたい

たまにはデートっぽいこともしたい

最終オーダー時間ギリギリの入店だったからか、珍しく部屋の外でヘルス嬢とご対面しました。服を着ていて、私服姿に萌えです。いつも半裸状態・全裸状態の女の子しか見ていなかったので、私服姿の若い女子を見たのはマジで久しぶりだった。男性スタッフに「では、ごゆっくりお楽しみくださ〜い」と迎えられて部屋に行きました。その間、手をつないでいちゃいちゃしていました。こういうプチスキンシップ、マジ好きです。今度はデリヘル利用してデートデリヘルでもしよっかな?エッチもいいけど、通常のデートのようないちゃいちゃもたまにはしたいですね。大学生の頃以来、そういうのは全くのご無沙汰だったんで、ちょっとやりたくなってました。ヘルスでのプレイは椅子に座ってのフェラが主でした。フェラで口内射精→手コキ&ローションによるぬるぬる責めでまた射精→最後に素股をやったが、射精が間に合わずタイマーの音が無情に響きました。うーん、残念!次はデリヘルですね。 送迎手の観点 私はデリヘル店で送迎手をしています。昔はタクシーの運転手だったんですが、会社の金に手をつけるというややファンキーなことをしでかしてしまいまして、まともな職には就けなくなってしまいました。しかし出来ることと言えば車の運転だけですので安月給ながらもデリヘルの運転手として月に12万円ほどもらっております。さて、デリヘルの運転手といえば嬢と仲良くなれる機会もあって羨ましいなどと思われるかもしれません。でも、全然そんなことはないんですよ。客先に向かう時の嬢は結構ピリピリしていて話しかけにくい雰囲気ですし、迎えに行った時は大概グチをぶつけられます。中には理不尽なキレ方をする嬢もいてツバを吐きかけられることもあるんです。嬢は店の大切な商品ですから言い返すこともできませんし、なんで30歳近く歳も離れた小娘からそんな仕打ちを受けなければならないのかと非常にストレッシブな日々を送っているわけです。嬢と少しだけ穏やかに話ができるのは嬢が仕事が終わって家まで送っていくときですね。ラストの客が終わった後、店に戻らずそのまま帰る嬢もたまにいるのでそういう場合は私が送っていくんですが、仕事終わりでホッとしているのかそういう時だけはちょっと優しい対応をしてもらえます。裏を返せば、それだけ嬢はお客様に気を使っているということ。嬢のためにも、私のためにも、デリヘル嬢に優しくしてあげてくださいね(笑)

[ 2016-01-30 ]

カテゴリ: 風俗体験談